フラットパネルによる組立式へのこだわり

フラットパネルによる組立式へのこだわり

  • 私がフラットパネルによる組立式を試作開始したのは、2007年11月でした。
  • スモーカー、BBQコンロ、ファイヤープレース等々、キャンプをしていると、
    別々なものを用意するのに折畳み式でさえ、嵩張って手間どるのが理由でした。
  • 同じ板とアングルで現地で組み立てて、それぞれの形にできないかなぁ~
    と試作を始めました。
  • ベテランキャンパーの楽しみ方を拝見すると、ベーシックな道具の使い方が
    とても上手なことが解ります。
  • 私が関心した方は、マイクロバスベースのキャンパーに
    いつもレンガを50本程積まれています。
  • それで、必要に応じてファイヤープレースに積上げたり、
    かまどにしたり、と自在に楽しんでます。
  • 道具に振り回されずに、良い感じです。もちろん、レンガ50本は、重いですけどね。
  • そこで、ステンレスの厚板で似たようなことを画策しました。
  • 使用方法は、子供の時に遊んだLEGOブロックと同じ。
  • 400mm四方のステンレス板(4mm)を必要に応じてアングルで組み立てて、
    ファイヤープレースにしたり、スモーカーボックスにしたり・・・
  • 基本的な発送は、折畳み式にしないこと、パネル毎にバラバラに外せて
    収納に嵩張らないこと、パネル毎にするため、多用途に使えるようにすること。
  • 折畳み式を避けた主な理由は2点あります。
    • まず、自分が安価なものばかり使ったからだと思いますが、
      折り畳部分から壊れ易い、パネルが熱変形すると、溶接なり、リベット留めした
      他のパネルにも歪みの影響が出て、折畳めなくなる。組上げるのも困難になるため。

      • これは、メーカーが知らずに壊れ易い物を売っている、
        ということでは、決してありません。
      • 堅牢性と経済性、コンパクト性、軽量化、など、
        相反する要求の中でバランスを取った結果です。
      • 商品を見て、『開発担当者は、もっとしっかりした物を作りたかっただろうな・・・
        営業サイドに負けたのかも』と思うことがあります。
      • ちなみにブロガーでキャンプを楽しんでいらっしゃるHN やすきちさん、という
        ステンレス加工が本職の方がいます。ブログはこちらです
      • ご自身で楽しむための道具として、ステンレスでとても素晴らしい道具を
        造られてブログにアップされていますが、
      • 鋼材の特性を周知されているプロならではの作品は、
        どれも使い勝手が良さそうで、堅牢ですが、市販品より重そうで、
      • 無理のかかるような構造の折畳みは避けておられます。 とても参考になります。
    • 次に、折畳み式だと、使用方法がどうしても硬直的になってしまうためです。 
      折畳み式の立方体型のオーブンなど、天板が着脱できれば便利だと思いませんか?
  • 誤解のないように、付言すると、組立式が全てにおいて、
    折りたたみ式より優れている、というわけではありません。
  • ただ、特定の使用目的、サイズによっては、組立式は、
    とてもメリットのある道具になります。別記します。
  • 最初の組立式は、スモーカー、焚き火台、BBQグリルに使える形状です。
  • 組み方は、正方形のステン板の角付近に2ヶ所ずつ、合計8個の穴をあけ、
    小さなアングルで組みます。
  • 正直、4mmのステンレスは厚すぎ?かも、そのため重たすぎます。
  • ただ、これで収納時の厚みは2cm程になりますので、収納性は抜群です。
  • 車に積載するので、重要なのは、重量よりも体積ということで、良しとしました。
  • 物置に収納しておき、必要な時に庭で組み立てて使用するには抜群ですが、
  • ちょうどこの2007年後半から、キャンプ道具のコンパクト化を一層すすめることに
    決め、卓上でも使える組立式に焦点を絞ることにしました。