L1で使える道具

L1で使える道具 a:11453 t:1 y:0

プチかまどL1とメスティン(小)の相性は、写真のように抜群です。写真は、L1ステンレス
グラタンなどのオーブン料理に最適です。

下の写真では、メスティン小をプチかまどL1の中段に入れて、炊飯の仕上げ中。
強風の中でも、プチかまどL1のパネルに囲まれているので、安定して炊飯できます。

メスティン大は、ほぼサイズピッタリになります。写真は、L1チタン

メスティンLは、プチかまどL1の上に乗せるとサイズピッタリです。写真は、L1チタン

また、プチかまどE1とL1の横幅(内径)は、ともに150mmですので、
E1の幅の狭い十字五徳がL1で活用できます。
これを使うと、L1の内部がより広く活用できます。
画像の説明 画像の説明

さらに100均の幅150mmのトレイでメスキットLに蓋をしてセットします。
メスキットの蓋は炭火を置けませんが、これなら炭火を置いて、上下からグリルができます。
画像の説明 画像の説明

他にも超割安の100均グッズとの相性も良いサイズですので、少し例をあげてみました。
画像クリックで写真が拡大できます。戻る場合は、ブラウザの戻る(←)で戻って下さい。

焼き網とか、キッチントレーが使い易いですね。L2の受け皿も100均のステンレストレーです。
中央と右は、同じ水切り網です。鉄のクロームメッキ製、
一般の網より太いので丈夫です。トーストとかピザの出し入れに便利。

セラミックの網は、カット無しで火床に使えます。中央と右は長方形の焼き網の受け皿。
穴が開いているので必要に応じてアルミフォイルを敷いて、トレイとして使います。鉄のすずメッキ。

全て「おてがるやき」の網、左と右は取っ手を外したもの。
右のように中央に立てると、燃焼室を半分にして炭を節約したり、
炭火起こしに使う時に便利です。
画像の説明
新たに見つけた150mmx215mmのトレイ(seria)ですが、
フロアパネルのような受け皿にも、フライパンのようにも使えます。

L1についてへ戻る。
L1詳細へ戻る。
L1を手回しロースターにするへ戻る。
使い込んだ写真へ進む。